ナイキバスケットボールシューズ「エアジョーダン」

By | 2017年5月15日

 

「Air Jordan」はナイキ会社でNBA史上において最も有名なバスケットボールスター選手マイケル・ジョーダン(Michael Jordan)と名付けられたバスケットボールシューズシリーズです。日本語でよく「エアジョーダン」といいます。1985年で、マイケル・ジョーダンは高額で当時にまだ小さいスポーツメーカーであたナイキ会社と契約を結びました。ナイキはすぐに「ジョーダン」を名付けたシューズを作り出し、すなわち「エアジョーダン」シリーズ初めてのモデルでした。その時、奇抜な色合いや珍しい技術を備えたAJ 1バスケットボールシューズは、誰でも思わなくて、意外にも神話の開始となりました。
ナイキ「エアジョーダン」バスケットボールシューズのアウトソールは、堅実な牽引力と優れた柔らかさを備えて、人間の足が自然に運動するためデザインします。ナイキジョーダンブランドが開発する専有は技術的な標準的なカーボンファイバーを編んでともにどんな相違があることがあり得なくて、ただそれの大きさと形状は相違があります。それは適量の剛性を提供して、同時にまだ脚が自然的に屈折することを許可するバスケットボールシューズです。
しかし、今の「エアジョーダン」バスケットボールシューズは多くのファンにとって、あんまり珍しいものではありませんが。2005年で発表された「Air Jordan  XX」の意味が私たちが忘れてはならないことです。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です